• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

«Profile»

ねぎぽよ

Author:ねぎぽよ
テトリス大好きな人



«リンク»

«リンク[一般]»

«カテゴリー»

«ブログ内検索»

«Copyright»

ねぎぽよとスナイピング

テトリス関連のお話です

 »Entries.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- (--) / --:--

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

前回→テトリス攻略っ[その11]

使用しているソフト→連続テト譜エディタ

公式サイト→テトリスオンライン

2014年3月、4年の時を経て内容改良


まずST積みってなんなの?って話からですよね

SとTを使いTSを使いまくるというものなんですが

口で説明するのもあれなんで動画をどうぞ

ぷよぷよテトリスが発売され、新たに動画を撮ったのでそちらを載せておきます。
最初から重力が強い状態のもの。

ぷよぷよテトリスではRENの点数が低いため、マラソンで高得点を狙おうとすると基本この積み方になります。SAT積みとか知らない。
一応これ以上得点効率がいい積み型がないわけではないのですが、難易度が跳ね上がったりします。




とりあえずポイント

・Tを右4の地形に使う場合1個だと地形が乱れるので思い切って2個使う
・Sを右の地形に使っていいのは1順目を抜かすと28順で2回ずつ消費
・Tを右の地形に使っていいのは1順目を抜かすと28順で2回ずつ消費
・ただしSは1回分は余裕がある
・3:3:4の地形をできる限り崩さない
・棒の回転方向に注意する
・初めにTSMか何かで1ライン消去しておく
・地形部分に使えるミノの比率はST:I:LOJZ=0:1:2
・Iを他のミノの代わりに使えることを知っておく



まず地形のイメージ

te092.png

こんな感じ



左3列をSとTでTS

中3列を2ミノ使って合計8ブロックのTSの屋根

右4列を使って4nの長方形

そしてできるだけこの長方形部分と中央の2ミノで屋根を作る部分にブロックが繋がらないようにします


こんな置き方はダメよってことね!

te094.png


詳しく見てみます

3:3:4のイメージについては上記の通りですがこの中でも種類が何通りかあります

これから書くことはほぼすべて
左(STでTspin部分)
中(Tspinのための屋根部分)
右(残り)

で話を進めます

中央部分に注目します

tet038.png

Tspinの屋根のための部分ですが、大きく分けて2通りあります
上から3:3:2で屋根を作る場合と2:3:3で作る場合です

それぞれ4組ずつ紹介していますが優先度が高いのはZ+Jです、S+Lはほぼ使えません

右側の図ですが、どうもやりづらいです。思考回数が少ないので微妙ですがGが強い状況では不向きなのかもしれません

後で説明しますが、これらは右地形から2ブロック移動させることでパターン移行させることが出来ます


次に右地形の話

これは全部で4通りあります

tet039.png

4n型、4n+1型、4n+2型、4n+3型の4つです

中央との組み合わせで合計8通りの積みパターンがあります

4n+1型、4n+3型のメリットはSTの奇数消費が出来る事

tet040.png

このようにTを消費しても元の地形をコピー出来ます

4n型のメリットは右が完全平になるため積みが楽になる

4n+2型は唯一メリットがないが中央を332から233にすることで完全平にすることが可能

ちょっと画像上げておきます
tet041.png

4n+1と4n+3もこの関係にあるので中央で調整してやれば変えることが出来ます

このように何種類か組み合わせがありますが

中央3:3:2、右4n型についてこれから説明します

マラソンでは150ラインや200ラインでストップなので開幕で1ライン消去するほうが後々有利になり、特に何も考えずに開幕で1ライン消去するとこの組み合わせになります

ここから開幕の話

開幕TSM
tet042.png

メリットは開幕20G下でも積むことが可能

開幕TSS
tet043.png

私が考案した?TSS開始の。
メリットはTSMがTSSに変わるため得点が上がる

デメリットは20Gだとほぼ無理な開幕ということ

開幕についてはこんな感じ、Gが弱いのならTSSにしておけばいいかな程度。捨てるTと終盤地形云々あるけど面倒なのでここでは触れません。


ここから積みの話

中央について

tet044.png

第一優先はZ+Jのこのパターンです

そうなると右側に残るのはIOLなので右側はこのようになる

tet045.png

実際はツモ順で継続が不可能になる場合があるので中央ZJ,右LOI固定というようでは上手くは行かない

よくある状況がZが過剰にありJが全く来ない時

tet047.png


そうすると右にZを使いつつ中央でZ+J以外のパターンを使う必要がある

tet046.png

それがこのJO,OLのパターン

これにほぼ使えないSLのパターンの計4つが2ミノで332を作る中央の組み合わせの全て

しかしZJ,JO,OLの3パターンを使用しても無理な状況が出てくることがある
その時にアドリブなどでまとめる必要が出てくる

アドリブはもうちょっとあとで話すことにして、次は右の地形を見る

右側もある程度パターンがある

4*2、2*4

tet048.png

一応これが基本だけど・・・

中央にZJを使い続けると右側はLOIだけになるのでこのようにそれぞれ4*2,2*4の長方形を作ることができるようになる

でもツモ順によって無理な場合が出てくる

なのでそれを含めてミノの置き方を考える必要があり、結構積みやすいんのがLのこの置き方

tet049.png


形が崩れるものもあるけど受けはZJOIL全部OK

さっきの例で行くと中央にZが連続できてしまって対処ができない場合はこのようになる

tet050.png


ここからさらに進行すると

左図の進行例はこんな感じ
tet051.png
この進行例はどれも非常に良く使います


右図の進行例はこんな感じ
tet052.png
この進行例もどれも非常に良く使います
キリがないのでここらへんでやめときます

L置きからOを置いたこの形も頻出です。というか今Zの処理の仕方で出たばっかりです

tet053.png

Zを処理したら上の進行例のようになりますね

Zを抜いた進行例はこのようになります
tet054.png
よく使うのは上2つでしょうか

最後にL置きからOもZもおかなかった進行例
tet055.png
よく使うのは上2つでしょうか

ただしL置きからZもOも置かないのはあまりおすすめしません。
Zの処理が難しくなったり受けが狭く形が崩れやすくなるからです


その他のL縦置きからの進行例

tet057.png
一応覚えておけばいいという程度でしょうか


次L横置きからの進行例

tet058.png

もうなんか見たことあるような形ばっかり出てきます

あとO置きI置きJ置き・・・はもういいよね。同じ形が回転して出てくるだけなので省略します

右地形部分の回転入れ後入れについて

tet059.png

他にもあるけどよく使うのはこの4つ・・・と思う

右地形部分については以上です。

ここで少し脱線

ST積みはこの地形部分をしっかりさせることで普段の積みに活かすことが出来ます。

tet060.png

あくまで一例ですが、ST積みで長方形ばかり作っているため対人や単なるテトリス積みでも効果は絶大だったりします。


それでは中央アドリブの話を後回しにしていたのでそちらを少し説明

基本はJが来ないけどZを処理したいという場合です

右の地形に干渉しない例としてはこんな感じ
tet061.png

進行例はこのようになります
tet062.png

ZLZLZLと続く左下は連続性があるのでそのまましばらく継続させてもOKな感じです。その場合右の地形はLの代わりにJを使うと覚えておく

この場合Iは初期状態のまま右回転すること。左回転するとどこかに飛んでいきます

次に右の地形に干渉する例
tet063.png
左上は多少使います、それ以外は実際ほとんど使いませんが全く使わないかというと時々出てきます。

地形足しの時のコツ?(まだテスト段階のためハテナをつけた)

実はSを1回見送るとホールドにTが入っている確率が高くなります。そして地形部分が若干増加します

なのでホールドにTネクストにTという状況が作りやすく、一度に2個地形部分に消費できるので成功率が若干高いです

そして1順見送っているため、窒息率も減ります。(間違えてSも2個捨てないように)

例えばTSM開始だと87ライン消去後開幕のようになりますが、70ラインくらいの時にSを1回見送り、90ライン頃にS1個、T2個捨てることで地形足しが成功します。





左地形の話

基本はS立ててTSD作って穴が深くなったらテトリスです

右側の穴に入れたいときは左壁まで持って行ってから右回転でハードドロップ
左側の穴に入れたいときは左壁まで持って行ってから左回転し、さらに左を押しっぱなしにしてハードドロップです


ここから脱線、ST積みとはちょっと関係が無かったりとても難しかったりするので飛ばし推奨

実はST積み以上の得点効率を出せるものが2種類くらいあるんですが1個はTST主体なので全く関係がありません

もう1個にST積みの亜種みたいなものがあります

tet064.png

一時的にこの積みに移行しようというわけです

この積み自体は知っていたのですが、ST積みと連結させるという発想を持ち合わせていませんでした。
面倒なので説明は省きますがST積みで地形が減るデメリットを一時的にこの積みに移行させ解消させるというものです

ようは少し上に書いてある地形足しの作業が不要になります

移行のタイミングだけ説明しておくと
tet065.png

左下に棒を入れた時(もしくは完全に0の地形)に隙間なく埋まったその次からST積みストップ

左下にオレンジ色のブロックが4マス揃ったらZの上にOで蓋をしてST積み再スタート

ST積みだと右空け有利という話を聞いたことがありますが
tet066.png

このように20Gだと右開けだとSが引っかかってしまうため継続不能です

なので左空け推奨です


一応SAT積み(永久機関)というものも紹介しておくと
tet067.png

これらは単純なST積みに比べて難易度が跳ね上がるのでスコアアタック始めたい人がいきなりやるようなものではないです。

少なくともST積みを完走出来る上で更にその上を目指したい人用の積みなのでまずはST積みで完走しましょう。

脱線はここまで



ラストの話

ラストはTSTを打ってください。終盤はテトリスを渋り、TSDを多めにしラストをTSTで締めることでスコアが少し伸びます。

ラストの例
tet068.png

DT砲の場合は147ラインから打つこと、残り2つは149から決める

ラストのTSTは必須というわけではないのでちょっと思いつかなかったり無理と思ったらTSDで締めてもいいです


ST積み全般(主に重力関連)

スコアアタックをしている関係でGが強い状況で積まなければいけない場合が多いです


tet069.png

重力が強い状況では中央を高めに積む必要があるので地形の意識はこのように右側を低く中央を高く、が積みやすいです。

また棒の回転ボタンを間違えると大変なことになります
Sの立て方ですが20Gになると左回転1回では立たなくなります、なので右回転3回で立てます。動画でSがクネクネしているのはそのためです


左右どちら開けが良いのか

ST積みをするモードは大きく分けて2種類
・重力が低く速さが求められるモード
・重力が高くミノの置き場に制限が出来てしまうモード

テトリミノは軸が決まっており左右対称のOとIを除くと出現位置は左に偏っています

tet072.png


なので重力が強いとどういうことが起きるのかというと


tet073.png

このように左から4列目が高い状態だとLはどちらにも移動できるが、右から4列目が高い場合だとLを右に持っていく事が不可能になります

このせいで左右どちらでするかによってそれぞれ少し積み方が変わります

左開けの場合だと
tet074.png

中央部分2ミノ1セットを高く積み上げで全て解決します。

右明けの場合だと

tet076.png
やはり中央部分2ミノ1セットを高く積み上げることで解決します。

が、その他に4列目を高くしてもZとO以外は自由に動かせます
Zは左に使うことは殆ど無いですし気をつけるのはOが中央にハマることくらいになります。その為左空けよりも難易度が低いとされています

ただし左空けにできて右明けに出来ないこともあるので注意
tet077.png

少し前に話した亜種移行後や、Z(S)Oを連続処理したい場合右開けだと不可能になります

重力が低い状態の場合

これは左明けのほうが有利です、というのも横移動を押さなくていい行動が右明けに比べて多いからです
右空けの性質上中央部分の軸が6列目に来るため、5列目に来る左明けに比べて右移動を押さなくてはなりません

tet078.png

左明けの図ですが色がついているミノは全て横移動を押さなくても置けてしまうミノです

無駄な動きが無いため速度が求められるモードでは有効ですし、ミスも減ります


右明けの図ですが左空けにくらべて横移動が必要な場合が多いです

tet079.png

その反面別のミノの移動量が増える事があったりしますが

一番頻度が高いZJの組み合わのZを即落下できるため左空けの方が速度が出ます

これらの理由から重力が低く速度が求められる場合は左明けのほうが有利と言われています

これは私の意見ですが
亜種への移行や速さが求められる場合も考えて左空けを推奨します



練習法

いきなり重力が強い状況でやれというのは酷なのでGが弱い状況でまずコツのようなものを掴んでください

それから本番です。目指すは150ラインor200ラインのST積み完走です

普通に完走できるレベルになってくると積み技術が跳ね上がっていると思います


最後早足だし、かなり詰め込んだ感があるけど一応ST積みのやり方はこれで終わり

4年前の内容よりも深く詳しく書きなおしたつもり

ST積み頑張ってください♪

スポンサーサイト

2010/04/21 (水) / 18:17

テトリス攻略っ[その13]Oミノ(黄色い奴)分析編1 / HOME / テトリス攻略っ[その11]長方形のクリカエシなのさ

コメント

動画うpしたら糞画質だったでござる
画質あげんおどうすんお・・

2010/04/23(Fri) 15:15:11

URL | [ Edit.]

最近あまり時間無くてネットろくにしてないや

通勤中にラノベ読みが日課で毎日の楽しみに(
GWも連休あるか不明だし\(^o^)/

2010/04/25(Sun) 13:32:07

URL | [ Edit.]

>>つきうたさん
GW休みないのつらいなあ
とはいっても祝日とかも授業ある可能性あるけどねこっちも。

2010/04/27(Tue) 16:12:51

URL | [ Edit.]

いつも記事の内容理解できないけど動画見たら上手すぎてビビった
そういえば私も東京のほう進学したんで、町で会ったら宜しく(?)

2010/04/27(Tue) 17:56:58

URL | [ Edit.]

>>かぜらんさん

おー東京っていっても広いからねえ
まあ電車が常にあるような感じだから
よほど辺鄙な場所にでも住んでない限りは
すぐ会えるね!今度遊ぼうよ★

2010/04/30(Fri) 20:48:43

URL | [ Edit.]

GW休みの日程今日決まったよwww
1~5だとwwwww
前日になってから言うなぁぁッぁぁぁぁぁって感じ

2010/05/01(Sat) 00:20:34

URL | [ Edit.]

脳汁が出てきた。

2010/05/22(Sat) 23:15:09

URL | [ Edit.]

うますぎてやばい

2014/02/20(Thu) 20:30:34

URL | [ Edit.]

 »コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 

 »トラックバック

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。