• 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

«Profile»

ねぎぽよ

Author:ねぎぽよ
テトリス大好きな人



«リンク»

«リンク[一般]»

«カテゴリー»

«ブログ内検索»

«Copyright»

ねぎぽよとスナイピング

テトリス関連のお話です

 »Entries.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- (--) / --:--

スポンサー広告 / TRACKBACK(-) / COMMENT(-) / PAGETOP

前回→テトリス攻略っ[その12]

使用しているソフト→連続テト譜エディタ

公式サイト→テトリスオンライン


久しぶりのテトリス記事ですが



今回から5回に分けて各ミノ分析編をやっていきたいと思います


予定

1.Oミノ(今回
2.Tミノ
3.L,Jミノ
4.S,Zミノ
5.Iミノ


なおこの順番は私が説明しやすいよう簡単な順番に並べてあります

なんでIミノが最後なのかというと

私が完全に理解していないからです。というかIミノに関しては複雑すぎて理解したくない






それで今回は一番簡単なOミノから という感じです




Oミノって?

te100.png


黄色くて四角い奴です

赤い点は回転軸といい

そこを中心にミノが回転することを示します

Oミノですと関係ないですね(笑

特徴

・唯一回転しても形が変わらない
・唯一回転しても位置が同じ
・唯一トリプル消しができない
・唯一スピン入れができない
・唯一敵の攻撃によるせり上がりの穴を掘れない


と、唯一づくしのミノです




位置が同じと形が変わらないは同じじゃないのか?っていう質問があると思いますが

全然違います

理由はSZIミノの時。



細かいことはOミノに関しては特に気にしなくていいです

だって誰が見ても

ただの正方形ですから


ではOミノをどのように使っていけばいいかということです



Oミノに関していやな思いでがある人はほとんどだと思います


というか


最初のうちは7種類すべてのミノの中で一番邪魔だと感じると思います

なかには思わない人もいると思いますが私はそうでした。


ではなんで邪魔になるか?


ライン消去を行わない限り2つの平らな地形が必要であること

たとえおけたとしても地形が悪くなりやすいこと


さてこの地形を見てみます

te101.png

ぱっとみTがあればきれいになるのになというような感じですね

Oがおけそうなところは2か所(TS考えると3か所だが)です


置いてみましょう

te102.png

見ての通りゴミみたいな地形です

このようなことは割とあり危険です


じゃあどうすればいいかというと


常にOミノが置いても形が悪くならない状況を作っておく


これがすごく大事です


簡単に言うと凹ってなってる凹の部分を2マスにしろということです


te103.png

これなら先ほどの起き方を違いあとに残る形がきれいになります


ただし↑の方の2個凹がある場合は受けがLJOに限定されるのでよろしくないです

できれば↓の方の形を作るようにしましょう



こんなこと言っても実際は難しいので

とりあえず

2個平らな部分を残しつつ積んでいけばいいです



特にOミノを使った攻撃とかはないので積みに関するのはここら辺で終わりますが


次に掘りに関してです


掘りの時Oミノが邪魔になることが多くあります


それもそのはずです


穴は1列あいて9列埋まった状態でせり上がってくるのですから


Oミノはどう頑張ってもそのせり上がりの穴に入れることができません


これは7種類のミノのうちOミノだけです


じゃあ堀の時Oミノはどうやって使っていけばいいの?


実は有用な使い方は存在します


何を利用するかというと

上部下部が平らであるということを利用します


te104.png


この例を見てみます

左端でテトリスを打ちたいけど右端の穴が邪魔

こういうことは割と多いです



Q.この時に考えることはなんでしょうか


A.まず先に右の穴を掘ることですね


Q.じゃあそれを掘るためにはどうすればいいか


A.その上の邪魔なミノを消す



以上のことから

この場合ですと


右穴の上の2ラインを消さなければいけないことがわかります


そこでできれば右穴の上2ラインを消したときに左の穴も貫通してるのが望ましいです


たとえば極端な例で言うと

te105.png


こんなのです


右穴上部を消しても左穴の上にブロックがありさらにそこから2列の計4列消さなければ
左下の穴に到達できません


穴の上に不用意に積み過ぎるな という典型的なパターンです




しかしこの場合穴の上に積むなといえど


右の穴を掘るためには左にも幾分か積まなければ掘れません


そこでやつの出番です


te106.png



こうなると中央部を埋めてやるだけで簡単に左穴が掘れます



さてOミノ以外でもいけるじゃん?


そうですね、ちょっと例が悪かったですか・・・


平らな地形が多すぎでしたか



少し地形をいじってみます

te107.png


先程は左部分をLS,IJ,IL、II、LL,JJなどいろいろなもので2列のみを埋めることができましたが


今回はわけが違います


というわけで左端をみてどのようなブロックがはまるか見てみましょう


te108.png


一見いい置き方のように見えます


しかしよく見てください

中央部を埋めたときどのような地形が残りますか?


te109.png


左の緑を置いたその上の1つの穴


そこにブロックを置かない限り右の穴が掘れないことがわかります


つまりこの置き方の場合あの緑を置いた時点で最短で掘っても

右の穴の上にさらに1つ上乗せしなければ掘れません

te113.png


1マスのみの穴を埋めるブロックは存在しないため。


似たような理由でJ(青い奴)をさかさまに置くのもだめなのが分かると思います

こちらはさらに悪手で掘る量がSを置いたのに1列上乗せです

もう最悪です。



さてOミノを入れてみます


te110.png


素晴らしいです!

先ほど同様最短の掘りができます

このように直接の掘りができないOミノでも

自分で積んだ分の埋め合わせには十分使えるミノです


ただし当然高さを見ることが条件ですので

このような場合に黄色を置くのは感心しません

te111.png


消す列が1ライン増えるからですね


こういうときは先ほどの悪手が好手になり


te112.png


このような緑置き(Jでも)がいい感じになったりします


さて最後に削りです


Oミノによる削りは1個しかないので楽です


te114.png

これです

2列の穴が空いていてそこが消えるのであればどこでもほうりこめます

例外として

te115.png

このような場合の時

中央部分が高くなっていやだなあ。
RENで掘らないと死んじゃう


という場合は


te116.png


このようなOの先入れはOKです


Oを使ったあとO以外なんのミノでも1RENを続けることができ、

さらに棒をホールドしておいたならばそのまま2RENテトリスも打てます

Oが二つ連続で来ることはあまりないので大概打てます

場合によっては3RENまで続く


このような穴ふさぎの先入れはたとえ知っていたとしても慣れていないとまずできません

穴ふさぎが失敗、悪手になることもあるからです



しかしOミノに限らず上手に扱えるようになると

すさまじい防御力をつけることができますので

ぜひ覚えておいて損はないです


できずとも知っておくのと知らないのでは全然違います





ちなみにさっきのやつこんな感じでTS→テトリス打てたりもします


te117.png

左がTSM 右がTSS

当然右側は形が悪くなりますけどね

※当然まだ作り方はいっぱいあります


スポンサーサイト

2010/07/23 (金) / 19:21

テトリスパーティプレミアム発売 / HOME / テトリス攻略っ[その12]ST積み

コメント

更新がんばってください!

2010/07/28(Wed) 16:45:25

URL | [ Edit.]

 »コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する 

 »トラックバック

HOME

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。